八王子五行歌会掲示板

200032
投稿 感想大歓迎 荒らしは即アクセス禁止にします(管理人・那田尚史)

歌会レポートを発表します。 - ひさしMail

2018/09/11 (Tue) 23:22:03

八王子五行歌会ネット歌会
             GENTA

8月28日(火)
平成30年2回目のネット歌会が終了しました。
当歌会は毎回題詠で募集開始から10首集まった時点で応募締切りとしています。               
当NET歌会は全国どこに住んでいても参加できるという自由さが再大の特徴です。半面歌会期間が数か月という長丁場なります。
さて今回のお題は「着物」です。

薄鈍色の縞小紋      せん(一席)
陰干あとの空の色
捨ても着られもせぬままに
また眠らせる箪笥の隙間
懺悔の代わりに樟脳を置く         
          
 恋の思い出、悔恨、リズムがいい、イメージできる歌など読み手も想像を巡らせた詠みで高評価の作品でした。              
 作者はお題から陰干しを連想しそこから苦心して歌に仕上げたとのことでした。  
 
一針一針母の手で     とわ(一席)
ととのえられた
着物や帯よ
天まで届くか             
「ありがとう」   
 
 なき母への感謝と優しさが素直に詠まれています。無駄な字句もない優れた作品との評もありました。
2年前に亡くなった母の手縫いは宝物という作者、お母様への恋しさつのる日々という思いが伝わる詠みでした。
 
 寒空の          三鈴(二席)
 下で裸の
 鬼さんたち
 「着物どうした?」
 「はい!服はウチ」

 ユーモアあふれる詠みで評価を集めました。これは2月に詠んだ歌で季節的に表現したいとは作者の言、長丁場ならではの作品です。
 
 今回も全十首の応募歌でした。三席以下は同点!一席2首、二席1首、三席7首となり点差はそれぞれ1点と接近した歌会でした。
 
 三席7首は紙面の関係で残念ながら割愛いたします。
 尚、当歌会のルールにより次回歌会のお題は一席のとわ様が指定された「祭り」です。

 <参加者>那田尚史、せん、津希、三鈴、GENTA、SANTA、とわ、持国天、大橋、頚城おとめ

Re: 歌会レポートを発表します。 - ひさしMail

2018/09/11 (Tue) 23:28:30

私はやむを得ない事情があり、genta様の力で10人を集めてもらい、簡潔にして、的を得た歌会レポートを書いてもらいました。月刊五行歌誌には来月掲載される予定ですが、今発表します。今回、新たに作品を提出していただき、2席までに、入られた、とわ様、と美鈴さま、おめでとうございます。是非、次の題詠「祭り」にも投稿をお願いします。櫻井様の投稿にあるように、新たな投稿者のおかげで、歌会のレベルが上がっています。これも一重にgenta様の努力の賜物と感謝する次第です。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.